PEOPLE PORT

パソコン処分で参加するこども支援

050-5328-8187 回収エリア 東京23区・横浜市・川崎市・大和市・町田市 平日10時〜17時
電子機器回収

パソコンの「メモリ」「CPU」「HDD/SSD」の役割は?メモリの中にもデータは残るの?

パソコンは様々な部品が組み合わさって出来ています。その中でも比較的良く目にするものの一つがメモリではないでしょうか。
でもメモリがどのような役割を果たしているかご存知でしょうか?HDDとの違いは?CPUとの違いは?今回はそんなパソコンに欠かせない部品の基礎知識をまとめてみました。

1.メモリは机、CPUは頭脳、HDD/SSDは書斎

パソコンの部品は身近なものに例えるととても理解がしやすくなります。
まずはメモリ。メモリはCPUが処理を実行するための作業スペースで、同時に開いて作業のできるソフトの上限はこのメモリの大きさによって決まってきます。
なので、メモリはよく「机」に例えられます。狭い机だとノート一冊しか開けないかもしれませんが、広い机であればノートはもちろん、いろいろな教科書も同時に開いておけますね。


次はCPU。CPUはコンピュータの制御や演算や情報転送を担うパーツです。メモリは机なので「容量」が大切でしたが、CPUは速さが大切。その証拠にメモリやHDDとは違い、CPUの性能はクロック周波数で測られます。クロック周波数が高ければ高いほど、処理できる量や回数が多く、処理スピードが早くなります。
なので、CPUは「頭脳」に例えられます。性能の高いCPUは、スピーディーに計算ができたり、情報を思い出すことのできる「頭の回転の速さ」と同じイメージです。


最後に、HDD/SSDです。
どれだけ机が広くても、頭の回転が早くても使う情報、覚えておかなければいけない情報がたくさんある場合、いつでも確認できるように「保管」をしなければいけません。その役割を果たすのがHDD/SSDです。
なので、HDD/SSDはよく書斎に例えられます。HDD/SSDの容量が多ければ多いほど、つまり書斎の広さが広ければ広いほどたくさんの情報・データを貯めておくことができるということになります。

HDDとSSDの違いは?

「情報を記録」するという役割は同じですが、性能に違いがあります。
・HDD(ハードディスクドライブ)
高回転するディスクにデータを読み書きして記録をするのがHDD。大容量のデータ記録に向いており、価格もSSDと比べ安価なことが特徴です。
・SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)
内蔵されているメモリーチップにデータの読み書きをして記録をするのがSSD。HDDと比べデータの記録が早く、さらに回転するディスクがないため静かなことが特徴です。ただ、容量はHDDと比べ少なく、値段も少々高くなる傾向にあります。

2. メモリにデータは残ってしまうの?

メモリと一口に言っても多様な種類がありますが、大きなカテゴリーとして「揮発性メモリ」と「不揮発性メモリ」に分けることができます。
両者の違いは「記憶している情報を保持する際に電源を必要とするか否か」です。
パソコンなどに内蔵されている主記憶装置(メモリ)はもっぱら「揮発性メモリ」で、電源が付いているときには情報が記憶されますが、一度でも電源を切ってしまうと全てのデータが無くなります。そのため、主記憶装置はデータ消去の必要はありません。

「不揮発性メモリ」の代表格がUSBメモリです。「不揮発性メモリ」は情報保持のために電源を必要としない性質のため、データを保存すると電源を落としたり、パソコンから取り外したとしてもデータが保持・保存されます。
USBなど不揮発性のメモリはデータが残るため、処分をする際にはデータ消去処理をする必要があります。

3. パソコンのメモリの処分方法は?

ゴミとして廃棄をする場合には、基本的には廃プラ類・金属くずとして産業廃棄物扱いとなります。産業廃棄物となると、排出する事業者がマニフェストを発行し、最後まで適切に処理をされたかを確認する必要があります。

ただ、パソコンの主記憶装置(メモリ)は、データも保存されていないため、パソコン本体と一緒に回収に出して頂いた方がお手間もなく、資源のリサイクルに役立ちます。

一方USBなどの「不揮発性メモリ」はデータ消去を行う必要があるため、物理的に折るなどして破壊をしてから回収先に渡すのが安心です。

ピープルポートであれば、パソコンにメモリがついた状態でのお引き取り大歓迎です。一切の無駄なくリユース・リサイクルに努めます。

ゴミとしてコストと手間をかけて廃棄するのではなく、無料でパソコンの処分ができ、同時に子供たちへの支援もできますので、東京23区、横浜市、川崎市、大和市、町田市の企業様、是非お気軽にお問い合わせください。

<子ども支援に繋がるパソコン無料回収の詳細はこちらから>

企業のパソコン処分で
参加するこども支援活動!

無料回収を依頼して
プロジェクトに参加

メールだけで子どもたちに
寄付できます!

※1メルアド=1円を毎月寄付。

スタッフ

代表:青山 明弘

ピープルポート株式会社の代表、青山です。高校野球が大好き、神奈川県出身の一児のパパです。電子機器の再生を通じて難民の雇用、子供たちの教育支援に取り組んでいます!

営業:河内 将弘

営業担当の河内です。お寿司が好きで、よくおばあちゃんと一緒に食べに行きます。ピープルポートを通じて、一人でも多くの難民が自分らしく生きられる社会を創ります!

不要になった電子機器で
子ども達の未来をつくる

こども支援プロジェクト